Spectrum Blog

チャーリー・モーガン・ジョーンズがオレンジ色を愛する理由 – デザイナーのカラーストーリー

私たちは最近、照明デザイン コミュニティの友人たちに「カラー ストーリー」を共有するよう依頼しています。英国を拠点とする照明デザイナーでロスコのアンバサダーでもあるチャーリー・モーガン・ジョーンズは、常にステージから引用に値する物語を披露し、以下のカラーストーリーでオレンジ色への愛を語ります。 むき出しのタングステンと無色の光のプロットが、チャーリーの温かみのあるオレンジがかったカラー パレットへの愛をどのように刺激したのかを学びましょう。

記事の詳細は ROSCO SPECTRUM (Blog)

メタリックゴールドペイントの現代風にアレンジした使い方

リンゼイ ウェブスターは、ミネアポリス/セントポール広域エリアを拠点とする、風景、映写、衣装、照明の劇場デザイナーです。

グスタフ・アドルファス大学による『シンベリン』の舞台美術と小道具のデザイナーという二重の役割を担ったリンゼイは、ロスコのオフブロードウェイゴールドペイントを効果的に使用して、彼女の舞台デザインに命を吹き込みました。

彼女は完璧な結果を生み出すために使用したロスコ製品の施工プロセスとそのテクニックについて次のように説明しています。

記事の詳細は ROSCO SPECTRUM (Blog) 

https://spectrum.rosco.com/a-modern-twist-using-metallic-gold-paint

ポーランドのテレビでの劇場公演の生放送用の照明設備として、DMG MAXI™ が採用

Teatr Telewizji (テレビ放送用の演劇スタジオ) は、テレビでの演劇公演の制作を担当するポーランドでも有数の制作会社です。 70 年間の活動を通じて、Teatr Telewizji は 4,000 を超えるポーランド テレビ演劇の公演を制作してきており、それらはTVP – Telewizja Polska の TVP3 ヴロツワフ テレビ スタジオから放送されました。

また最近放映された「Łut szczęścia (A Stroke of Luck Again)」や「Podstolina」など、最新の演劇公演においても、スタジオ内での照明機材として、Rosco DMG MAXIが採用されています。 Gaffer Marek Bystrosz 氏は、作品の均一なステージ ウォッシュを作成するために、ピラミダ フィルムから提供されたこれらの LED ソフト ライトの使用方法を次のように説明してくれました。

記事の詳細は ROSCO SPECTRUM (Blog)

https://spectrum.rosco.com/live-broadcast-lighting-for-polish-television-theater-with-dmg-maxi-fixtures

Rosco X-Effects® を使用して「Shape Island」のストップモーション環境を作成

Shape Island は、アニー賞にノミネートされた Apple TV+ の子供向け番組シリーズで、スクエア、トライアングル、サークルの冒険を描き、お互いの違いを乗り越える方法を学んでいくという内容のドラマです。

私たちROSCOは、撮影監督のエリック・アドキンスと、複数の Rosco X-Effects® LED プロジェクターを利用して。ストップモーション シリーズのさまざまな照明効果をどのように作成していくか、について議論する機会がありました。

エリックが、調和のとれた振動、競技場の光、流れる水、オーロラの光など、ショーの魔法のような環境要素をどのように作成したかについて以下に説明しています。

記事の詳細は ROSCO SPECTRUM (Blog)

https://spectrum.rosco.com/creating-stop-motion-environments-for-shape-island-with-rosco-x-effects